2015年01月30日

初心者にありがちな間違い。

億トレとか株うまなツイアカをフォローして場中に流れてくる銘柄を参考に売買するってのをメインにやってみた。

結果。。。

惨敗。orz

一回、株価が吹くとその上がり率を上回ることは少なくて、エントリ価格よりマイナスに為ることがおおい。
さらに、僕の場合、ロットが小さいから上がりが+5ぐらいだと売買手数料で利益がふっとぶ。

ポールは配当権利落ちで大きく下げてたから買ったものの、買いがはやかったらしくじわじわさがっている。
権利落ち買いは一週間くらいはみてから出動したほうがよいだろうが。
リバウンド狙いの買いではあったが、買ってから冷静にチャートをみると上値が重いなと思った。
自分でポジションとってからその買いのポイントがわかるという話。やれやれ

<持ち越し株>
タカタ
ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス
吉野家※優待目当て

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
ピーター リンチ ジョン ロスチャイルド
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 8,528

↑トレード初心者が陥いりやすいポイントがよくかかれている。テクニカルメインの売買ではとても熟練者には勝てないので「どの株をいつ買うか?」という視点を養うためにこの本は覆いに役立つと思う。
posted by シンジ at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。