2014年06月26日

スロットのことばかり


 株はホールドしてプラスだから欲をだして日銭を稼ぐためにパチスロをしようと研究している。だぜだぜ。
posted by シンジ at 08:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

オプション取引に興味。

全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦
ジム クレイマー
日本経済新聞社
売り上げランキング: 15,146

 カバードコールがオプション取引の用語だということは知っている。が。内容まで知らん。けれどEBIを提唱する名著東大卒医師が教える科学的「株」投資術
KAPPA氏がオプション取引をしているので気にはなっていた。
 そして本書である。ジムクレイマーもオプションで儲けたとある。てかオプション取引について書いてたなんて投資上級者を目指す中級者への福音ではないかという感想を持った。
 十分に読みこなせるレベルにはいたっていないが、読み込む意欲が沸いた。
posted by シンジ at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

パチスロに横目する

パチスロひとり旅 14 (GW COMICS 23)
奥田 渓竜 名波 誠
ガイドワークス (2013-10-26)

 古書店で偶然見つけた、パチスロひとり旅。分析的で台選びの参考になりそうな本だ。
 僕はパチスロを打ったことがない。けれど株の資金を捻出するためにパチスロを検討している。店選びでパチスロの成果の半分は決まるらしい。5円スロットでハイエナ狙いもありかな。情報誌は必勝ガイドがいいらしい。
 普通に働いたほうが効率がいいかもしれないが、+3万円くらいになってくれたら御の字なのだけれど。あと稼ぐとしたら昔やってた「せどり」だな。
posted by シンジ at 08:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

機械的投資法

ウォール街で勝つ法則 − 株式投資で最高の収益を上げるために
ジェームズ・P・オショーネシー 喜久田 悠実 秦 由紀子 河村 毘夫
パンローリング
売り上げランキング: 71,276

 機械的投資法というのがある。ダウ30の上位十社を買ったり、低PERの会社を選んで勝ったりする方法だだ。その決定版がこれなんだって。機械的投資法も試してみたくはあるな。
posted by シンジ at 09:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

本だけ読んでもお金持ちにはなれない

株でゼロから30億円稼いだ私の投資法―大株主への道こそ株式投資の本道
遠藤 四郎
エール出版社
売り上げランキング: 107,288

 なぜ本を読むのか。読むだけではだめだ。少し気分を良くするたねに読むのか。そういう読書もあるだろう。しかし、我々は投資で成果をあげることをもくろんでいる。つまりただ読むだけではだめなのだ。投資に使える考え方を本から吸収しなくてはいけない。投資本を読むのは楽しい。まるで自分が億万の資金を運用しているかのような錯覚をもてる。けれど。我々の資金はずっと少ないし、投資に対する技術もプロより劣っている。読んで満足するだけではだめだ。自分の投資方針に少しばかりでも益とならんように読まなくては。
 では、どんな本を読めばいいのか。投資スタイルにもよるがあくまで長期投資を目指したうえでの本選びというのをおいおい紹介したいと思う。
posted by シンジ at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

伝説の投資家(存命)

完全読解 伝説の投資家バフェットの教え
キャロル・ルーミス
朝日新聞出版
売り上げランキング: 157,088

 バフェット系の本にはピンキリがはげしい。けれどこの本は僕が今まで読んだなかでもっとも投資につかえるバフェットの考えがまとめられていると思った。
 バフェットは問われる。「今までもらったアドバイスの中で至上のものはなんですか?」バフェットは答える。「もらったアドバイスの中で悪かったものはね…」といって彼の父と師・ベンジャミングレアムからのアドバイスを引用する
 ここにバフェットの考えが端的にあらわれているのではないか。投資で成功するには良いアドバイスはそれほど重要ではない。むしろ自分にとって悪いアドバイスでも自分の信念を通すことができるかということ。そう思った
 
 バフェット本は数あれどバフェットへの取材が鋭いと思ったのでスノーボール(改訂新版)〔上〕 ウォーレン・バフェット伝
より投資に使えると判断する。
posted by シンジ at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。